So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

国分寺から鬼の城へ [ちょっとお出掛け]

暖かいお天気に誘われてお友達と吉備路にお出掛けしました(23日)[車(セダン)]
そろそろ蓮華も見られるかもと思いつつ。


爽やかな春の風に鯉のぼりも気持ち良さそうです[るんるん]
鯉幟と.JPG

お友達と吉備路へ.JPG

散歩道に咲くのはつつじかな
ピンクのつつじかな.JPG

こちらは白い藤の花
白い藤の密集.JPG

寺院の前の池の辺に咲いています。
白い藤.JPG

お土産に欠かせません(;^_^A
お土産は.JPG

境内のお店で一服した後は吉備路のシンボル五重塔の散策です。
新緑と五重塔.JPG

新緑と五重塔
新緑と.JPG

立派な鬼瓦。誰かに似てるって・・・(゚ー゚;
五重塔の鬼瓦.JPG

八重桜が残っています。
八重桜.JPG

八重桜とコラボ.JPG

蓮華畑は何処に・・・。
いつもならもう咲いている蓮華は全く見当たらず、残念ながらまだ早かったようです[たらーっ(汗)]



お昼までには時間が早かったので少し足を伸ばして謎の山城
鬼ノ城に行ってみることにしました。

国分寺から約20分で鬼の城駐車場に到着。
案内板.JPG

後から分かったことですが鬼城山(きのじょうざん)ビジターセンターで
鬼ノ城について学習してから入山した方がとても広い古代の山城を
良く理解出来るようです。
生憎この日は定休日でした。

私達は道しるべで一番近い鬼ノ城西門に行ってみることに。
西門を目指して.JPG

急な坂道が続くようで登山道の入り口には杖が置いてあります。
杖を突いて.JPG

この杖をお借りして登山・西門に向かいます。
出発.JPG

途中の展望台からの景色、市街地が一望できますね。
案内図.JPG

展望デッキから2.JPG

そしてこれから向かう西門も。
展望デッキから.JPG

途中には山つつじなどが咲いています。
山ツツジ.JPG

ちぃちゃなつつじ.JPG

新緑を楽しみながら.JPG

約40分で西門に到着。
山の上に大きな門と城壁が現れました。
あともう少し.JPG

よっこらしょ・・。
到着.JPG

西門には万里の長城の様な雰囲気の長い城壁が続いています。
城壁が続く西門.JPG

ここからの眺めも素敵ですよ。
西門の中から.JPG


城壁はその長さはトータル2.8kmにも及ぶそうです。
鬼ノ城の散策は案内図を見ると私達にはゆうに一日はかかりそうですσ(^_^;)


一服した後は、これ以上の散策は合計200歳を越える私達には無理ムリと言う事で
下山をする事に。お腹も空いているしね(´_`。)

一汗流した散策でした[あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(0)  コメント(2) 

眩しい赤・つつじの公園 [花さんたち]

つつじの公園「国鉾」です。

お散歩がてら開花の様子を見に行ったところ、なんともう満開[かわいい]
赤いつつじは眩しいほどの発色でした。

それでは巨小の作品を御紹介します(18日)[犬]

公園の入り口にある紫色と白色の藤棚も今が見頃になっています。
今年は咲くのが早いです。
つつじの公園.jpg


赤が眩しい
真赤です.jpg

階段の途中から.jpg

つつじ赤.jpg


紫色の藤
紫.jpg

白と紫.jpg

白色の藤
白.jpg

藤とつつじ
藤白とつつじ.jpg

この公園には御衣黄も咲いているのですが、もう散りかけとなっていました(´_`。)
ぎょいこう.jpg

つつじと御衣黄
つつじ赤とピンク.jpg

春爛漫の季節ですね[るんるん]

nice!(0)  コメント(2) 

近水園などを探訪(岡山市北区足守) [父さんと一緒]

連合岡山退連(退職者連合)の歴史探訪に二人で参加です(15日)。
今回は岡山市北区足守町の史跡の勉強会[犬]

緒方洪庵生誕の地.jpg

町並み説明.jpg

ふれあい通り.jpg

ガイドさん案内のもと武家屋敷・庭園・商家などを訪ねました。
その一部を御紹介です。


まずは伝統的な武家書院造りの足守藩武家屋敷
侍屋敷.jpg

武家屋敷の原型と言われているそうです。
藁葺き屋根.jpg


探訪の途中の足守小学校にある土俵場。
最近はあまり見かけないですね。
相撲場.jpg


木下利玄生家
(武者小路実篤や志賀直哉らと共に雑誌・白樺を発刊。明治・大正の文学者)
木下利玄生家.jpg


木下家陣屋跡
(現在は公園に)
陣屋跡.jpg


近水園
(足守藩主の長寿と繁栄を願って作られたそうです)
園内で食事も可。
近水園.jpg

近水園から.jpg

近水園2.jpg


旧足守商家藤田千年冶邸
(江戸時代末に建造され、明治以降に本瓦葺き入母屋二階造り漆喰塗りの建物に。
内部は往時の醤油工場の様子を再現)
足守商家.jpg

しょうゆの仕込桶.jpg

(醤油の搾り機)
醤油搾り機.jpg

町並みに残る風情を味わい、昔の暮らしを想いながら
約1時間30分の歴史の散歩を楽しみました。


よく歩いた後はエネルギー補給も必要ですね。
帰る途中に頂きました[るんるん]
ご褒美は.jpg
nice!(0)  コメント(2) 
前の3件 | -